シャープペンシルは英語じゃない?文房具の英語

学校でよく使った文房具。会社のオフィスでもよく使われるかと思います。そんな文房具に関する英語を調べました。鉛筆、消しゴム、はさみは知っていた通りだったのですが、シャーペンが和製英語であることを初めて知りました。また、なぜ和製英語ができたのか、その由来も調査してみました。また、鉛筆に関連して、色鉛筆と鉛筆削りの単語についても紹介しています。

文房具の英語

まずは文房具についてです。文房具は英語でstationeryといいます。ここで気を付けないといけないのが、station”a”ryでないことです。stationaryという単語も存在し、意味は『動かない、変化のない』という形容詞の意味があります。文房具の意味のあるstationeryという単語は、日本のお店でも文房具売り場を示すのに使われていたりするので、意外と目にする機会も多い単語です。

He bought pencil at the stationery shop.
(彼は文房具店で鉛筆を買った)

シャープペンシル

“シャープペンシル”は英語でmechanical pencilといいます。私も調べて知ったのですが、「シャープペンシルは英語でシャープペンシルでしょ。」と思っていました。どうやら和製英語のようです。イギリス英語では、propelling pencilといいます。propellingは ~を前へ押し出す、~を推進する という意味があります。

I clicked a mechanical pencil.
(私はシャープペンの芯を出した)

なぜ和製英語でシャープペンシルになったのかというと、

アメリカで発売された第1号の商品名は「エバーシャープ」(いつもとがっている)というものでした。 国産の第1号は大正時代初期に誕生しました。考案した人は故早川徳次(はやかわ とくじ)氏で、これに「エバ一・レディー・シャープペンシル」という商品名をつけてヒットさせました。これが私たちが「シャープペンシル」と呼ぶようになった由来です。
日本筆記具工業会より

色鉛筆

“色鉛筆”は英語でcolored pencilといいます。鉛筆は英語でpencilというので、そこに“色のついた”という意味のcoloredが頭にひっついています。また、鉛筆を使っていると、必ず鉛筆を研ぐ必要がでてきますが、“鉛筆を研ぐ”ことを英語でsharpen a pencil(s)となります。“sharpen”は~を研ぐという意味です。ちなみに、“鉛筆削り”はpencil sharpenerといいます。
Would you sharpen my pencil ?(私の鉛筆を削ってくれますか)

消しゴム

“消しゴム”は英語でeraserといいます。“erase”には消す、消去するという意味があるので、“消し去る物”という意味でeraserになったのかなと思います。上記の鉛筆削りと同じで、動詞の語尾にerがつくと○○する人(物)といった意味になることが多いです。

例を挙げるとスポーツやゲームをする人(選手)を“player”と言いますが、これも“play:(試合やゲームなどを)する”という動詞に“er”がついて、“player:選手”になっています。

イギリス英語ではrubberといいます。“rubber”は“消しゴム”という意味以外にもゴムという意味があります。元々、消しゴムはその名の通り、ゴムが使われていました(現在ではプラスチック製が主流)。その為、rubberという、そのままの単語が当てられているのではないかと思います。

はさみ

“はさみ”は英語でscissorsといいます。ちなみに語尾の“s”が取れたscissorは動詞になっており、はさみで切るという意味になります。また、“はさみの刃”の事を英語でscissor bladeといいます。美容師さんが使う“はさみ”(理美容はさみ)はhairdresser scissorsといいます。理美容師さんの事をhairdresser(ヘアー ドレッサー)というので、その後ろにscissorsを持ってくるだけで通じます。

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください