ホッチキス(ホチキス)は英語で?実は和製英語

家庭でも、会社でもよく使われるホッチキス。カタカナなので英語と思っていましたが、和製英語でした。また、”ホッチキスの針の補充する”は英語で言う時は何て言ったらいいんだろうと思って調べてみました。最近ではホッチキスの針を使わないタイプも発売されていて、最後の方にちょろっと紹介しています。今日はそんなホッチキスについてです。

ホッチキス(ホチキス)

“ホッチキス”は英語で“stapler”といいます。ホッチキスがカタカナなので、英語かと思っていましたが、和製英語でした。ではなぜ、ホッチキスと呼ばれているかというと、実はアメリカから輸入したホッチキス(ステープラー)がE.H.ホッチキス社から輸入された為、そのまま社名のホッチキスという名前で広まったといわれています。

ホッチキスの針(芯)

ホッチキスで紙をとめる時に、コの字型の金属でとめますが、日本語では“針”や“芯”と言われています。この“針(芯)”の事を英語で“staple”といいます。また、ややこしいのですが、“ホッチキスで紙をとめる”という動詞も“staple”といいます。
He staples documents.(私は書類をホッチキスでとめた)

ホッチキスの針を補充するという表現をする時には、主に次のような表現をします。
I put staples in my stapler./I added staples to my stapler. (私はホッチキスに針を補充しました)
ここで、一本のホッチキスの針を指す時はstapleですが、一般的に補充する時のホッチキスの針は複数本あるのでstaplesと複数形の“s”が必要になります。

ホッチキスの針を使わないホッチキス

ホッチキスはとても便利なのですが、たまに面倒に感じる事があります。それは、ホッチキスの針がなくなり補充しようとした時に、針をちょうどきらしてしまったというような時です。また、ホッチキスの針でとめたままの書類をシュレッダーにかけることができないので、いちいち針を外さないといけないことがあります。この針を外すという作業もなかなか時間がもったいないと感じてしまいます。
この問題点を解決する為に、コクヨから『ハリナックス』という針を使わないホッチキスが販売されています。この『ハリナックス』の紙のとめ方には2種類あり、1つは紙の端っこを圧着してとめるタイプ、もう1つは紙に穴をあけ、あけた部分の紙を利用してとめるタイプがあります。ただ、従来の針を用いてとめるホッチキスでは、結構な枚数を一度にとめる事ができましたが、この『ハリナックス』では最大でも5~12枚程度になってしまっています。きっと現在も改良が進められていると思うので、近い将来ホッチキスの針は使わないのが主流になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA