“ネジで留める(締める)”を英語で?~ネジの種類とその英語も~

ネジについてです。DIY特集がよくテレビで流れているのに乗っかって、先日DIYを行いました。それを英会話教室で話して、色々と教えて貰いましたので、その内容について記載します。また、調べてみるとネジに漢字があることにビックリしました。一生書くことはなさそうだなと思いますが、紹介させてもらいます。

ネジの英語

まずは“ネジで留める(締める)”の英語の前に、ネジの英語についてです。“ネジ”は英語で“screw”といいます。ネジにも色々と種類がありますが、その種類と英語については後述します。

ネジは漢字で螺子、捩子、捻子、螺旋と書きます。パソコンの変換で4種類もでてきてビックリしましたが、いずれも読み方は“ネジ”で、この記事で書こうとしている“ネジ”を指します。

ちなみにネジの事をビスと呼んだりもしますが、このビスはフランス語のvisが由来です。

screwを用いた熟語で“put the screws on~”があります。意味は“(人に)強要する、脅す、圧力をかける”という意味になります。ネジとは無関係に感じますが、“screw”の名詞としての意味に、“圧力、締め付け”といった意味があり、こういった熟語もあるのだと思います。
He put the screws on my brother.
(彼は私の兄弟に圧力をかけた)

“ネジで留める(締める)”の英語

“ネジで留める(締める)”は英語で“screw”もしくは“tighten”といいます。
I screwed the board to the wall.
(私はそのボードを壁にネジで取り付けた)

また、“tighten”は“「しっかり」とネジを締める”といった意味があり、
He tightened a loose screw.
(彼は緩んだネジをしっかり締めた)
と使うこともできます。

ネジの種類とその英語

ネジには色々と種類がありますが、今回は下図の小ネジ(直径が8mm程度くらいまで)についてです。
screw2
画像出典:wikipedia

なべネジ

なべネジとは、ネジの頭がなべの底のようになっているネジの事です。英語では、“pan head screw”といいます。

皿ネジ

皿ネジとは、ネジの頭が平たく、円錐形のネジの事をいいます。英語では、“countersunk head screw”、“flat head screw”といいます。

丸皿ネジ

丸皿ネジとは、皿ネジの頭が丸みをおびたネジの事をいいます。英語では“raised countersunk head screw”といいます。

トラスネジ

トラスネジとは、丸皿ネジと比べて、頭の部分が大きくなっていて、丸みのある頭のネジです。英語では“truss head screw”といいます。

バインドネジ

バインドネジとは、トラスネジのように丸みが一定というよりは、なべネジに近い台形の頭をしています。英語では“binding head screw”といいます。

ネジも色々と種類があり、それぞれに必要性があって開発されたと思うと、知らない世界がいっぱいあるなぁと感じました。また、知らない世界を見つけたら、ここで紹介できたらと思います。

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください