鉛筆、シャープペンシル、消しゴム、はさみの英語

学校でよく使った文房具。会社のオフィスでもよく使われるかと思います。そんな文房具に関する英語を調べてみました。鉛筆、消しゴム、はさみは知っていた通りだったのですが、シャープペンが和製英語であることを初めて知りました。また、鉛筆に関連して、色鉛筆と鉛筆削りの単語は初めて知りました。

鉛筆/pencil

“鉛筆”は英語で“pencil”といいます。“色鉛筆”は英語で“colored pencil”といいます。また、鉛筆を使っていると、必ず鉛筆を研ぐ必要がでてきますが、“鉛筆を研ぐ”ことを英語で“sharpen a pencil(s)”となります。“sharpen”は“~を研ぐ”という意味です。ちなみに、“鉛筆削り”は“pencil sharpener”といいます。
Would you sharpen my pencil ?(私の鉛筆を削ってくれますか)

シャープペンシル/mechanical pencil

“シャープペンシル”は英語で“mechanical pencil”といいます。私も調べて知ったのですが、「シャープペンシルは英語でシャープペンシルでしょ。」と思っていました。どうやら和製英語のようです。イギリス英語では、“propelling pencil”といいます。“propelling”は“~を前へ押し出す、~を推進する”という意味があります。
I clicked a mechanical pencil.(私はシャープペンの芯を出した)

消しゴム/eraser

“消しゴム”は英語で“eraser”といいます。“erase”には“消す、消去する”という意味があるので、“消し去る物”という意味で“eraser”になったのかなと思います。上記の鉛筆削りと同じで、動詞の語尾に“er”がつくと“○○する人(物)”といった意味になることが多いです。例を挙げるとスポーツやゲームをする人(選手)を“player”と言いますが、これも“play:(試合やゲームなどを)する”という動詞に“er”がついて、“player:選手”になっています。
イギリス英語では“rubber”といいます。“rubber”は“消しゴム”という意味以外にも“ゴム”という意味があります。元々、消しゴムはその名の通り、ゴムが使われていました(現在ではプラスチック製が主流)。その為、“rubber”という、そのままの単語が当てられているのではないかと思います。

はさみ/scissors

“はさみ”は英語で“scissors”といいます。ちなみに語尾の“s”が取れた“scissor”は動詞になっており、“はさみで切る”という意味になります。また、“はさみの刃”の事を英語で“scissor blade”といいます。美容師さんが使う“はさみ”(理美容はさみ)は“hairdresser scissors”といいます。理美容師さんの事を“hairdresser(ヘアー ドレッサー)”というので、その後ろに“scissors”を持ってくるだけで通じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA