意味合いが違う弁護士(lawyer, attorney, counselor, barrister, solicitor)の英単語

弁護士についてです。弁護士にも言い方がいくつかあり、それぞれの言い方でちょっとずつ意味合いが違います。ネイティブの先生に教えて貰ったのですが、なかなか違いを覚えるのが大変そうでした。現地で法律関係の仕事をしていないとスッと言葉ででてこなさそうです。

弁護士の英語

“弁護士”は英語で言い方がいくつかあり“lawyer”と言ったり、“attorney”と言ったり、後は“counselor”、“barrister”、“solicitor”と言ったりします。それぞれ弁護士を指すことに違いはないのですが、ちょっとずつ使い方が違います。

lawyerの意味

“lawyer”は弁護士の一般的な呼び方です。“弁護士”と聞いて思い浮かぶような、法律に関する相談であったり、法廷で弁護するような人の事を指します。ただし、弁護士資格を持たない法律家も“lawyer”と呼ばれます。アメリカ英語でも、イギリス英語でも使われます。
He has been studied hard to become a lawyer.
(彼は弁護士になる為に、頑張って勉強している。)

attorneyの意味

“attorney”、正確には“attorney-at-law”といいます。“attorney”でももちろん通じます。イギリス英語ではあまり使われず、アメリカ英語で“lawyer”と同意義で使われます。“the attorney general”で“司法長官(米)”または“法務長官(英)”という意味になります。
The President of United States appointed the new Attorney General.
(アメリカ合衆国大統領は新しい司法長官を指名した)

solicitorの意味

“solicitor”は日本語では“事務弁護士”、“法務官”と訳されます。事務弁護士とは、法廷での弁論を行わない法律事務を行う弁護士のことです。イギリスなどでは弁護士の仕事も分業されており、それぞれの分野で呼び名が変わります。
She will meet a solicitor.
(彼女は弁護士(事務弁護士)に会う予定です。)

barristerの意味

“barrister”と聞くとカフェでコーヒーを作る人を思い浮かべてしまいますが、そちらは“barista”(イタリア語)です。“barrister”は日本語で“法廷弁護士”となります。法廷弁護士とは、イギリスなどで分業されている弁護士の仕事のうち、法廷での答弁を行う弁護士になります。
There is no barrister.
(そこには弁護士(法廷弁護士)はいません。)

counselorの意味

“counselor”、“counselor-at-law”とも表記します。この単語は主にアメリカ英語で使われる単語で、“法廷弁護士”を指す時に使われます。イギリス英語では“counsellor”と綴ります。イギリス英語の“counsellor”は法律関係の単語としては使われる事はありません。学校や職場で日本語でも使われる相談員(カウンセラー)という意味で使われます。
They talked about counselor.
(彼らは弁護士(法廷弁護士)について話していた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA