魚の英語~その2~

投稿日: カテゴリー タグ

前回に引き続き、魚の英語についてです。前回紹介した魚(タイ、マグロ、カツオ、ブリ、アジ、サバ、サンマ)については以下の記事を参照してください。今日はそれ以外の魚について、私が好きな魚を紹介します。


鮃(ヒラメ)/flatfish, flounder

“鮃(ヒラメ)”は英語で“flatfish”、“flounder”等といいます。“鰈(カレイ)”も英語で“flatfish”、“flounder”といいます。ヒラメとカレイの見分け方は、目を上側にした時に左側にある方がヒラメです。そして、目を上側にした時に右側にある方がカレイです。

鮍(カワハギ)/thread-sail filefish

“鮍(カワハギ)”は英語で“thread-sail filefish”といいます。横から見ると丸っこいのですが、前から見ると、とても薄い魚です。皮が簡単に剥がせる事から、“皮剥”とも書かれる事があるそうです。魚へんに“皮”がついているのも、これに由来するのかもしれません。私はとても好きで、お寿司屋さんにあると、よく頼みます。肝もかなりおいしいです。カワハギの仲間に“ウマヅラハギ”もいるのですが、こちらはカワハギより安価になるそうです。たまにお寿司屋さんでウマヅラハギなのに、カワハギとして売っている事もあるそうです。私の舌では食べただけじゃ判断できなさそうです。

鮭(サケ)/salmon

“鮭(サケ)”は英語で“salmon”といいます。これはもう日本に定着した英語ではないでしょうか。ちなみに鮭の卵の“イクラ”は英語で“salmon roe”といいます。“roe”は“魚の卵”という意味です。

鰯(イワシ)/sardine

“鰯(イワシ)”は英語で“sardine”といいます。イワシのオイル漬けの缶詰がよく売られていますが、イワシのオイル漬けと言わずに、オイルサーディン(oil sardine)と呼ばれて売られています。知らないうちにイワシの英語を使っていたのですね。

鱈(タラ)/cod

“鱈(タラ)”は英語で“cod”といいます。タラの卵巣である“たらこ”は英語で“cod roe”といいます。“鮭(サケ)”の項目でもでてきましたが、“roe”は“魚の卵”という意味です。また、タラは“白子”をよく食べる機会がありますが、“白子”は英語で“soft roe”といいます。

河豚(フグ)/blowfish、puffer

“河豚(フグ)”は英語で“blowfish”、“puffer”といいます。フグに毒があるのは知られているかと思いますが、フグの種類によって毒のある部位が異なるそうです。“フグ毒”は“puffer toxin”といいます。“toxin”は“(生物が生成する)毒”という意味があります。ちなみにフグの毒は“テトロドトキシン(tetrodotoxin)”とよばれる化合物で、神経に作用します。現状、解毒剤が存在しない毒です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA