「筋肉痛」「腰痛」「神経痛」は英語で?〇〇痛の英語

よく日本語で〇〇痛といいますが、今日はそんな〇〇痛の単語について習いました。日常会話でよく出てくる単語だと思うので、色々と質問して色々と教えて貰いました。久々にミートグッバイを思い出しました。

筋肉痛

筋肉痛は英語でsoreといいます。

I’m sore.
(筋肉痛です)
となります。

“sore”を辞書で引くと、「痛いところ(名詞)」、「痛い(形容詞)」などがありますが、ネイティブの人はsoreを用いるそうです。

また、「この部位が筋肉痛」と具体的に言う時は、
My leg is sore.
(足が筋肉痛です)
と使います。

soreには、他の使い方もあって、よく風邪の引き始めなどでノドが痛い時に、

I have a sore throat.
(ノドが痛いです)
※throat:ノド
というフレーズは、英会話のレッスン中でもよく聞きます。

肉離れ

運動をしていると筋肉痛にはよくなりますが、たまに肉離れを起こす事もあります。かの有名な長嶋監督は昔、肉離れの事をmeat goodbyeと言ったそうです。私は一時期、肉離れの英語を本当にmeat goodbyeと思っていました。

本題に戻って、肉離れですが英語でtorn muscle(名詞)といいます。tornはtear(引き裂く)の過去分詞形で、肉離れは筋断裂の事なので、裂かれた筋肉 → torn muscle と覚えられるかと思います。

また、「肉離れを起こした」と言いたい時は

I pulled a muscle when I played soccer.
(サッカーをしている時、肉離れを起こした)

というように、pull a muscleを用いれば大丈夫です。

腰痛

続いての〇〇痛の英語は「腰痛」です。腰痛は英語でbackacheといいます。私も気持ちは若いままなのですが、既に腰痛に悩まされています。よく

I have a backache
(腰痛持ちです)

と言っています。

backは背中、acheは痛みという意味で、直訳すると「背中痛」になりますが、腰痛は一般的にbackacheと言います。

神経痛

神経痛は神経が刺激される事によって起こる痛みです。病気に起因して起こる痛みである場合や、原因不明な場合もあります。そんな神経痛ですが、英語でneuralgiaといいます。

坐骨神経痛

私が神経痛でよく聞くのが、「坐骨神経痛」なのですが、坐骨神経痛は英語でsciaticaといいます。
また、坐骨神経痛とは

腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれなどの症状のことを指します。
多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。
疼痛.jpより

との事で、よくご年配の方が患っているのを聞きます。
ちなみに「坐骨の」を英語でsciatic、「坐骨神経」を英語でsciatic nerveといいます。

坐骨ってどこ?と思ったので調べてみたら、下図のような場所の骨でした。
ischial

他の〇〇痛についても書きたかったのですが、長くなりそうなので、次回に回します!

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください