糖尿病の種類と原因 その英語についても

糖尿病(2型糖尿病)は病気の初期ではあまり自覚症状がなく、病気がかなり進んでから自覚症状がでてきます。

そして、病院にかかる頃にはとても重い状態になっているので、やっかいな病気です。今日はそんな糖尿病についてとその英語について調べました。

糖尿病の英語とその症状

糖尿病は英語でdiabetesといいます。糖尿病には、その原因により1型糖尿病2型糖尿病に分けられます。

このうち、約90%以上が2型糖尿病と言われており、この2型糖尿病は生活習慣が原因によるものと言われています。この為、糖尿病はよく生活習慣病と言われています。

糖尿病とは、血液中のブドウ糖(いわゆる血糖)が高いレベルで保持されてしまう病気です。この状態のまま放置されると、失明や心筋梗塞、足が腐る(足壊疽)などの合併症が起こってしまいます。

また、その段階まで行かなくても、食事に気を付けたり、血糖をコントロールする為に薬を飲む、または自己注射しなければいけないなど、生活に何らかの支障をきたしてしまう病気です。

英語で「私は糖尿病です」と言う時は、haveを使って、

I have diabetes.
(私は糖尿病です)

といえばO.K.です。

そもそも糖尿病って体内で何が起こってるの?

体内では、血糖値を一定に維持する為に、インスリングルカゴンと呼ばれるホルモンが働いています。食べ物を食べ、血糖値が上がるとインスリンが分泌され、血糖が各細胞に取り込まれます。

そして、血糖値が下がると、グルカゴンが分泌され、肝臓からブドウ糖が放出されます。そして更に血糖値が下がって、食事をして…といったサイクルを繰り返します。

糖尿病の人では、このインスリンの分泌が少なかったり、インスリンに対する反応が悪くなっています。そして、血糖値のコントロールができなくなり、血糖値が高い状態=糖尿病となります。

1型糖尿病とは&その英語

「1型糖尿病」は英語でtype 1 diabetesといいます。1型糖尿病は子どもや若い人で発症する事が多く、突然発症します。

インスリンを分泌する膵臓(すいぞう)のβ(ベータ)細胞が破壊され、インスリンが作れなくなります。これにより、血糖値がコントロールできなくなり、糖尿病になります。

If you have type 1 diabetes, your body does not make insulin.*1

(もし、あなたが1型糖尿病なら、あなたの体内でインスリンが作れなくなっています。)

一型糖尿病は、毎日自己注射しなければいけなく、食事にも気をつけなければいけません。

2型糖尿病とは&その英語

2型糖尿病は英語でtype 2 diabetesといいます。2型糖尿病には2種類あり、1つは一般的で、1つは遺伝子異常によるものです。

一般的な方では、血液中のインスリン濃度が上がっても、そのインスリンを利用できず、血糖を細胞にうまく取り込めなくなります。それにより血糖が高いまま維持されてしまいます。

2つ目の遺伝子異常の方はMODYと呼ばれています。糖尿病全体の数%程度と推定されている珍しいものです。

このタイプは血糖値のセンサーがうまく働かず、血糖値が上がっても「インスリンを分泌せよ!」という指令がうまくだせず、インスリンが分泌されません。そして、血糖値が高いままになってしまいます。

If you have type 2 diabetes, your body does not make or use insulin well. *1

(もし、あなたが2型糖尿病なら、あなたの体内でうまくインスリンが分泌されないか、うまく利用していません。)

糖尿病のキーワードの英語

インスリン、ホルモンの英語

体の中で様々な働きをする「ホルモン」は英語でhormoneといいます。また、「インスリン」は英語でinsulinといいます。

ブドウ糖の英語

「ブドウ糖」は英語でglucoseといいます。このグルコースは化学名でもあり、グルコースを扱うような科学者は基本的にグルコースと呼んでいます。

血糖の英語

「血糖」は英語でblood glucoseもしくはblood sugarといいます。bloodは血液という意味なので、覚えやすいかと思います。

Diabetes is a disease that occurs when your blood glucose, also called blood sugar, is too high.

(糖尿病は血糖が高すぎる状態の時に起こる病気です)

膵臓(すいぞう)の英語

膵臓は英語でpancreasといいます。

Insulin, a hormone made by the pancreas, helps glucose from food get into your cells to be used for energy.*1

(インスリンは膵臓で作られるホルモンで、食べ物から得たブドウ糖を細胞に取り込み、エネルギーとして使う手助けをします)

ランゲルハンス島の英語

インスリンを分泌するβ細胞は膵臓のランゲルハンス島とよばれる組織にあります。

このランゲルハンス島は英語でpancreatic isletsまたはislets of Langerhansといいます。

Isletsは小島、pancreaticは膵臓のという意味です。Langerhansはランゲルハンス島を発見した人の名前で、そのまま付けられています。

ランゲルハンス島はヒトの膵臓1mgにつき10~20 個の中に点在しており、その中にはα細胞、β細胞、δ(デルタ)細胞、γ(ガンマ)細胞、PP細胞があります。

*1:引用元、NIHより

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください