お肉の部位の英語

投稿日: カテゴリー タグ

牛肉の部位に関する英語とマメ知識です。

タン/tongue

牛の舌の部位です。英語ではtongueといいます。英語の発音がそのまま日本語になっています。牛の舌自体はとても長いですが、それをスライスして焼肉屋さんで出されています。

ネック/neck

牛の首の部分です。英語ではneckといいます。脂肪が少なく赤身が多いので、ひき肉にされることが多い為、焼肉屋さんではあまり見かけません。ちなみに、ひき肉は英語でground meatもしくはminced meatといいます。

肩ロース/chunk eye roll

肩から背中にかけてのロース肉です。英語ではchuck eye rollといいます。少しすじがあるので厚切りには不向きで、焼肉やすきやきに向いています。

肩肉/chuck

うでの部分のお肉です。英語ではchuckといいます。すきやきやしゃぶしゃぶに向いています。

肩バラ/brisket

肩の部分にあるバラ肉です。英語ではbrisketといいます。

バラ/flank

肋骨付近にあるバラ肉です。英語ではflankといいます。肋骨をつけたままカットした肉はshort ribといいます。カルビがこの部位にあたります。

スネ/shank

足にある部位です。英語ではshankといいます。腱などがあるので、だしをとるのにいい部位です。

リブロース/rib

背中の部位のお肉です。英語ではribといいます。いいお肉の霜降りが入っており、すきやきやローストビーフ、ステーキに向いています。

サーロイン/sirloin

背中の後ろ部位のお肉です。英語ではsirloinといいます。サーロインステーキと言われるぐらいなので、ステーキに適しています。また、他にはローストビーフなどにも向いています。

ヒレ/tenderloin

サーロインの内側にあるお肉です。英語ではtenderloinといいます。ほとんど動かない部位のお肉なので、赤みが多いですが柔らかいお肉です。最高級品として、有名なシャトーブリアンは、ヒレ肉の中でも真ん中の一番いいところになります。シャトーブリアンは英語でchateaubriandといいます。

シンタマ/thick frank

うちももの下側にある球状のお肉です。英語では、thick frankといいます。焼肉などに向いています。

ランプ/rump

サーロインの後方にあるお肉です。英語ではrumpといいます。焼肉屋さんでもおいしい部位としてだされています。

外モモ/outside round

ももの外側の部位です。英語ではoutside roundといいます。かたい部位なので、煮込み料理に使われることが多いです。

内モモ/inside round

ももの内側の部位です。英語ではinside roundといいます。

ここまでのまとめです。
beef

肉の焼き加減の英語

ステーキを頼む場合、お肉の焼き加減を聞かれます。
How would you like your steak?(お肉の焼き加減はどうされますか)

Medium rare, please.(ミディアムレアでお願いします)

このお肉の焼き加減ですが、日本ではレア・ミディアム・ミディアムレア・ウェルダンくらいですが、実は10段階あります。(以下、wikipediaより)

●ロー/raw:完全に生の状態
●ブルー/blue:限りなく生に近く、片面or両面を数秒焼いた程度
●ブルーレア/blue rare:ブルーとレアの間くらいの焼き加減
●レア/rare:表面のみを焼いた状態
●ミディアムレア/medium rare:レアとミディアムの中間。表面はしっかり焼かれるが、中心部は生に近い状態
●ミディアム/medium:切るとほぼ全体の色が変わっているが、中心部はうっすらとピンクがかっている
●ミディアムウェル/medium well:ミディアムとウェルの中間
●ウェル/well:よく焼いた状態
●ウェルダン/well done:ウェルよりもよく焼いた状態。赤身はほとんど残っていない
●ベリーウェルダン/very well done:完全に中まで焼いた状態“


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA