「ジェットコースター」「コーヒーカップ」は?遊園地に関する英語

今日は遊園地に関する英語のレッスンでした。コーヒーカップは英語でもコーヒーカップでしょ!と思っていたのですが、違いました。その内容についても記載しています。

ちなみに、遊園地は英語でamusement parkといいます。

That amusement park is very big so we can’t see everything in one day.
(あの遊園地は本当に広いので、一日で全てを見る事はできない)

観覧車

観覧車は英語でFerris wheelといいます。設計者(designer)のFerrisさんから名前をとって、Ferris wheelと呼ばれています。

How long is the ride?
(観覧車の乗車時間は何分ですか?)
It takes 15 minutes.
(乗車時間は15分くらいです)

ジェットコースター

ジェットコースターは英語でroller coasterといいます。某遊園地では、木製のジェットコースターがありますが、木製のジェットコースターはwooden roller coasterといいます(wooden:木製の、木でできた)。

Let’s ride the roller coaster.
(ジェットコースターに乗ろうよ)
We have to stand in line to ride the roller coaster.
(ジェットコースターに乗る為に、列に並ばないといけないね)

メリーゴーランド

メリーゴーランドは英語でcarouselまたはmerry-go-roundといいます。

His kids are riding carousel.
(彼の子ども達はメリーゴーランドに乗っています)

コーヒーカップ

コーヒーカップは英語でcoffee cupですが、遊園地にある乗り物のコーヒーカップは英語では、teacupsと言うのが一般的です。

The couple rode teacups.
(あのカップルはコーヒーカップに乗りました)
I got motion sick because I rode teacups.
(コーヒーカップに乗ったので、乗り物酔いをしました)

おばけ屋敷

おばけ屋敷はhaunted houseといいます。某有名ネズミさんのテーマパークでのホーンテッド~~のホーンテッドと同じで、hauntedのみでは、[形容詞:幽霊のよく出る]といった意味があります。

また、マンションは日本語でのマンションの意味と異なり、大豪邸という意味があります。日本語での、マンションの意味に対応する英語はapartmentです。

This haunted house is big and very scary.
(このおばけ屋敷は広くて、とても怖い)

フリーフォール

フリーフォールは英語でdrop towerといいます。

I haven’t ridden drop tower.
(私はフリーフォールに乗ったことがありません)

迷子

遊園地ではよく迷子になる子がいますが、「迷子」は英語でlost childといいます。また、「迷子になる」は英語でget lostといいます。

My kids maybe got lost.
(私の子どもは多分迷子になっている)

また、駅や空港にある「遺失物取扱所」はlost and foundといいます。

お土産

お土産は英語でsouvenirといいます。

You can buy special souvenir in that amusement park.
(その遊園地では、特別なお土産を買う事ができます)
You bought many souvenirs!!
(たくさんのお土産買ったね!)

まとめ(遊園地に関する英単語一覧)

観覧車/Ferris wheel
ジェットコースター/roller coaster
メリーゴーランド/carousel, merry-go-round
コーヒーカップ/teacup
おばけ屋敷/haunted house
フリーフォール/drop tower
迷子/lost child
お土産/souvenir

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください