西洋の色々な迷信(superstition)とその英語 ~その2~

”迷信”は英語で”superstition”といいます。今回は前回の続きです。前回の記事で西洋の迷信について説明しましたが、先生から
What is superstition in Japan? (日本での迷信はどんなのがある?)
と聞かれた事より、日本の迷信を説明する事となりました。

まず、私が
Four-leaf clover is good luck. (四つ葉のクローバーは幸運訪れます)
というと、先生がすかさず

Maybe, every country.(たぶん、どの国でもそうだよ)
と撃沈しました。

『茶柱が立つ』を英語で

次に、Aさんが
When you make a tea, tea leaf standing up is good luck. It is very rare.(お茶を作る時に、茶柱が立っていると、幸運が訪れると言われています)
とすかさず助けてくれました。
ここで、茶柱は”tea leaf”と表現していますが、”tea stalk”と表現しても大丈夫みたいです。”stalk”は”茎”という意味です。また、茶柱が立つことを”standing up”と表現していますが、”upright”や”vertical”と表現してもいいようです。”vertical”の反意語(opposite word/antonym)は”horizontal(水平な)”となります。”horizontal”の名詞は”horizon”となり、意味は“地平線”となります。

『戌(いぬ)の日』の説明を英語で

また、Aさんが『戌の日』の説明をされました。
In Japan, husband and wife who are having baby visit temple on dog day called “inu-no-hi”.(日本では、赤ちゃんを身ごもった夫婦は戌の日にお寺を訪れます)

And they pray for a baby and wear maternity belt.(そして、赤ちゃんの為にお祈りして、マタニティーベルトを巻きます)

Dog is easy to give birth to many babies. So we visit temple on dog day.(犬はたくさんの赤ちゃんを産み、お産も軽いです。なので、戌の日にお寺を訪れます)

『戌の日』について知らなかったのですが、妊婦(pregnant woman)の方にとっては知っていて当然の事のようです。「ほぉ~」と思いながら聞いていました。

十二支の英語

十二支は英語で”the Chinese zodiac”といいます。「今年は申(さる)年」などというように十二支は各年にも割り振られていますが、各日にも割り振られています。普段、あまり気にしないので、月、火、水、木、金、土、日の七曜以外に今日が十二支のいつに当たるか分かる人は少ないのではないでしょうか。もちろん私もわかりません。しかし、うなぎを食べる日として有名な『土用の丑の日』の丑(うし)はこの十二支が割り振られたものです。

さて、その十二支『子(ね)、丑(うし)、寅(とら)、卯(う)、辰(たつ)、巳(み)、午(うま)、未(ひつじ)、申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)、亥(い)』の英語は次のようになります。

十二支 読み方 動物 英語
ネズミ rat
うし ウシ ox
とら トラ tiger
ウサギ rabbit
たつ リュウ dragon
ヘビ snake
うま ウマ horse
ひつじ ヒツジ goat
さる サル monkey
とり ニワトリ rooster
いぬ イヌ dog
イノシシ pig/boar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA