seaとoceanの違い

投稿日: カテゴリー タグ

今日はSeaとOceanの違いのレッスンでした。

海(Sea)と海洋(Ocean)の違い

Seaは日本語で「海」、Oceanは日本語で「大洋、海洋」と訳します。
では、seaとoceanはどう違うのでしょうか?

答えは、seaは部分的な海で、oceanはseaより広い海を指します。レッスンでは「日本人はよく”oceanはseaの一部分で、seaは地球上の全ての海を意味する”と勘違いしている事が多いよ」と指摘がありました。

私もこの話を聞くまでは、oceanの方が狭い海を意味していると思っていました。

5つの大洋

現在では、世界の海は5つの大洋に分けられています。それぞれ、
太平洋:the Pacific Ocean
大西洋:the Atlantic Ocean
インド洋:the Indian Ocean
北極海:the Arctic Ocean
南極海:the Antarctic Ocean
といいます。
また、これらの大洋より小さい海、例えば、瀬戸内海は”the Inland Sea (of Japan)”、カスピ海は”the Caspian Sea”といいます。※Inland は単体では「内陸の」といった意味があります。

marineとの違いは?

海に関する用語で、もう一つmarineがあります。このmarineは名詞の意味では、「海兵隊員や船舶」といった意味があります。また、seaとoceanは名詞の意味しかありませんが、marineは形容詞の意味があります。形容詞の意味では、「海の」といった意味があります。例えば、
This is the marine camera.(これは海中カメラです)
と使われます。
また、海の日は英語で「Marine Day」となり、日本語でよく使う「海の幸」は「marine product」となります。

go to the seaとgo to the beachの違い

「海(海水浴)へ行こう」を英語に訳そうとすると、そのまま訳してしまい、”Let’s go to the sea”と訳す日本人は多いです。ただ、これは間違いです。正しくは”Let’s go to the beach”となります。”sea”には、海という意味はありますが、浜辺などの近い海ではなく、沖の方の海を示すニュアンスがあります。また、”beach”には、浜辺から近い海を示すニュアンスがあります。その為、海水浴は基本的に浜辺から近い海で泳ぐことが多いので、”Let’s go to the beach.”が正しい英訳となります。また、ここでの注意点として、「海(海水浴)へ行こう」と言った時に、特定の浜辺(海水浴場)を指して言う時は”Let’s go to the beach.”と”the”がつきます。もし、どこの浜辺(海水浴場)か決まっていなくて、これから決めるという時は”Let’s go to a beach.”と”a”を使います。
“Let’s go to the sea.”を使う時には、浜辺に近い場所ではなく、船などに乗って沖の方へ行って何かする事を意味する事に使われます。なので、あまり使用頻度は多くないです。

海に関する早口言葉

最後に海に関する早口言葉を紹介します。早口言葉は英語で”tongue-twister”といいます。”tongue”は「舌」、”twist”は「もつれる」との意味があります。早口言葉を喋ろうとすると確かに舌がもつれます。では、海に関する早口言葉です。

She sells seashells by the seashore. The shells she sells are surely seashells. So if she sells shells on the seashore, I’m sure she sells seashore shells. (彼女は海岸で貝殻を売っている。彼女が売っている貝殻は、確かに貝殻だ。だから、もし彼女が海岸で貝殻を売っていたら、それは確かに貝殻だ)

日本語に訳すと意味がない文章ですが、早口言葉なので仕方がないですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA