早起きの方法

何の本を読んでいるの?

今日は何の本を読んでるの?という話から、早起きの方法の話になったレッスンでした。

先生:What are you reading recently?(最近、どんな本を読んでいるの?)

私:I read “Method for getting up early.”(早起きの方法という本を読んでるよ)

先生:Oh, it’s self-help book. “How to wake up early.”(おぉ、自己啓発本だね)

先生:I teach you famous English expression. CARPE DIEM. Have you heard before ? It’s latin. It’s not English but all English speaker knows.(有名な英語の表現を教えてます。CARPE DIEMというフレーズです。聞いた事ありますか?ラテン語で、英語ではないけど、英語を話す人はみんな知っています)

先生:CARPE DIEM means Seize the day. Seize means take. ”Seize the day” means “not be lazy, wake up early, and work hard.” It’s successful day.(CARPE DIEMはSeize the dayという意味で、それはだらける事なく、早起きして、一生懸命働き、いい日にするという事だよ)

※CARPE DIEMは後で調べたところ、日本語訳では、「その日を摘め」と訳します。「人生は短いから、その日その日を一生懸命生きよう」といったニュアンスを意味しているそうです。

早起きの方法

また、ここから先生直伝の早起きの方法の話になりました。
先生:Can you get up early?(早起きできてる?)

私:I can’t get up early.(早起きは苦手です)

先生:My advice to get up early is having a baby. After you have a baby, you must get up early. Child wakes up early every day. If you have a child, you can’t sleep enough on Saturday and Sunday. Child is the natural alarm clock. “Papa ~~~~~~. Let’s play.” “Oh, it’s seven o’clock yet.” After I have a child, I must get up early every day. So my advice is having a baby.(早起きする為の私のアドバイスは、子どもを作ることだよ。赤ちゃんができたら、絶対早起きしないといけないよ。子どもは毎日早起きするから、土日は十分に寝る事はできなくなるよ。子どもは自然の目覚まし時計になるよ。「パパ~、遊ぼう!」「あぁまだ7時じゃん」ってね。実際に、子どもができてから、毎日早起きしないといけなくなったよ。だから、子どもを作る事が私のアドバイスだよ。)

と先生直伝の早起きが伝授されました。

その後の早起きについて

これまでに何回か早起きしようと思って、何回も挫折しました。そして、今回もこのレッスンの後に早起きにチャレンジしました。ただ、先生直伝の早起きは実践できないので、一緒にいたAさん直伝の早起きの方法を試してみました。それは、『早く寝る事』です。単純ですけど、これは結構効果がありました。多分、私の必要な睡眠時間はほぼ決まっているみたいで、6~7時間経つと自然と起きるみたいです。なので、「あぁ~十分寝たなぁ」と思って、目覚まし時計を見ると「あれっ、まだこんな時間?やった、早起きできちゃった」といった感じでした。でも、一つだけ誘惑がありました。

「あれっ、まだこんな時間?」の後に「やった、二度寝できる!」と思って、二度寝してしまった事が何度か…。ただ、これも目が覚めたら顔を洗う事にしたら、目が覚めるようになりました。早く寝るのは惜しい気もしましたが、その分、朝の時間が増えるので、余裕をもって出社できるようになりました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA