英語での時間の言い方/表し方

今日は時間の言い方でした。

例えば、9時であれば“nine o’clock”といいます。ただ、私が中学生の頃は9時15分とか8時45分とかは習わなかったような気がします。今日はその時間の言い方も習いました。

〇〇時の言い方、表し方

まずは、基本の時間の言い方です。これは上記したように“〇〇 o’clock”(〇〇は数字)といいます。

例えば、8 o’clock(eight o’clock)で8時という意味になります。単に“at eight”といっても大丈夫です。

○○時“ちょうど”を強調して言いたい時の言い方、表し方

8時“ちょうど”を強調して、言いたい時に“eight o’clock”と言うのでは、ちょっと弱いです。8時“ちょうど”を言う表し方はいくつかあって、大きく以下の4つがあります。

①exactlyを使った“○○時ちょうど”

“8時ちょうどに彼に会う予定です”と言いたい時は“exactly”を使って表すことができます。
(1) I will meet him at exactly 8 p.m.
となります。
また、このexactlyの位置は変えることができて
(2) I will meet him exactly at 8 p.m.
(3) I will meet him at 8 p.m. exactly.
(1)~(3)のいずれも文法的に間違いではありません。
ただ、会話の中で“8時ちょうど”を特に強調したい時は、(3)の文末にもってくるのが一番いいです。そして、喋るときに“exactly”を強調して喋ると、より“8時ちょうど”が強く伝わります。

②preciselyを使った“○○時ちょうど”

“precisely”を使っても“○○時ちょうど”を表すことができます。基本的に“exactly”の時と同じで、次のように表すことできます。
(1)I will meet him at precisely 8 p.m.
(2)I will meet him precisely at 8 p.m.
(3)I will meet him at 8 p.m. precisely.
この時も(3)の文で“precisely”を強調して喋ることが、より“8時ちょうど”を強調して伝えることができます。

③sharpを使った“○○時ちょうど”

“sharp”を使っても表すことができます。
I will meet him at 8 p.m. sharp.
となります。この“sharp”を使った時は、sharpを必ず語尾に置かないと文法的に間違いになります。

④on the dotを使った“○○時ちょうど”

“on the dot”を使っても表すことができます。
I will meet him at 8 p.m. on the dot.
となります。この“on the dot”を使った時も、必ず語尾に置かないと文法的に間違いになります。

〇〇時15分の言い方、表し方

例えば、14時15分は何と言うでしょう。中学校などで習う言い方は“two fifteen”です。“two”で“14時”を表し、“fifteen”で“15分”を表しています。

“quarter”を使った時間の言い方、表し方/quarter past 〇〇

〇〇時15分は“quarter”を使って表す事ができます。14時15分は“quarter past two”と表します。“quarter”は“4分の1”という意味があるので、時間を指す時は1時間の4分の1である15分を表すことになります。そして、“past”は“過ぎた”という意味があります。“14時を15分過ぎた”=“14時15分”で“quarter past two”となります。この“past”の使い方は色々な時間を言い表す時に使えます。のちほど、その使い方はでてきます。

〇〇時30分の言い方、表し方/half past 〇〇

8時30分という場合は、“eight thirty”という言い方のほうが、なじみがあるかと思います。ただ、先生によると、海外では、この言い方はあまり一般的ではないみたいです。では、どのように言うかというと、“half past eight”といいます。先ほどの“quarter past two”と考え方は同じです。

〇〇時10分の言い方、表し方/ten past 〇〇

9時10分という場合、“nine ten”という言い方が思いつくかと思います。その他にも何度も登場している“past”を使って、“ten past nine”ということもできます。先生いわく、こちらの方が海外ではよく使われるらしいです。このtenの部分をfiveやeight、twentyに言い換えることによって、それぞれ〇〇時5分、8分、20分という事が出来ます。
例)9時5分:five to nine
9時8分:eight to nine
9時20分:nine to twenty

〇〇時45分の言い方、表し方/quarter to 〇〇

11時45分と言いたい場合、“eleven forty five”という事ができます。ただ、この言い方以外にも言い方があります。それは“quarter to twelve”です。“△△ to 〇〇”で“〇〇時△△分前”となります。その為、“quarter to twelve”は“12時15分前”=“11時45分”となります。
 また、この“to”は“〇〇時5分前”や“○○時10分前”も言う事ができます。例えば、17時55分は“five fifty five”と言えますが、“to”を用いると“five to six”と言えます。また、17時50分は“five fifty”もしくは“ten to six”と言えます。

“to”と“past”の違い

前述のとおり、時間を言い表す時に“〇〇 to △△”を使うと“△△時〇〇分前”となります。そして“〇〇 past △△”を使うと、“△△時〇〇分後”となります。では、“6時30分”の時はどちらを使うのがいいのでしょうか。“half to 7”でも、“half past 6”でも文法的には“6時30分”になります。先生いわく、“half past 6”が正解らしいです。“half to 7”も文法的には間違いではないけど、言わないとのことでした。

“noon”と“midnight”

両方とも12時を表す言葉ですが、“noon”は“午後12時(お昼の12時)”の事を表します。英語の“12 p.m”と同じ意味です。また、“midnight”は“午前0時(夜中の0時)”を表します。英語の“12 a.m.”と同じ意味です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA