七つの大罪(the 7 deadly sins)と七つの美徳(the 7 heavenly virtue)

7つの大罪/the 7 deadly sins

今日は7つの大罪(7 deadly sins)についてのレッスンでした。7つの大罪とは、キリスト教(Christianity)における用語で、

”「罪」そのものというよりは、人間を罪に導く可能性があると見做されてきた欲望や感情のことを指すもので、日本のカトリック教会では七つの罪源(ななつのざいげん)と訳している“(wikipediaより)

7つの大罪には①傲慢(pride)②憤怒(wrath)③強欲(greed)④envy(嫉妬)⑤lust(色欲)⑥gluttony(貧欲)⑦sloth(怠惰)となります。

傲慢・高慢(ごうまん)/pride

傲慢とは思いあがった状態の事をいいます。天狗になっている状態とも言えます。prideは名詞ですが。形容詞はproudです。be proud of ~で「~を自慢に思う、~に満足する」という意味です。

憤怒(ふんど)/wrath

憤怒はとても怒った状態です。wrathには似たような意味の怒り、憤り、激怒といった意味があります。口語ではあまり使いません。

強欲(ごうよく)/greed

強欲は際限のない欲望の事を言います。greedには似た意味の貧欲といった意味があります。また、greed for moneyで金銭欲となります。

嫉妬/envy

envyには嫉妬・うらやむといった意味があります。
I envy you.(あなたが羨ましいとなります)
などと使う事もあります。

色欲/lust

lustには色欲といった意味があります。lust for publicityで名誉欲となります。

暴食/gluttony

大食いいう意味です。over eatingと同意義です。

怠惰/sloth

slothは怠惰といいます。なまけている状態です。また、動物のナマケモノもslothといいます。

7つの美徳(7つの徳目)/the 7 heavenly virtue

7つの大罪に対するものとして、7つの美徳:the 7 heavenly virtueがあります。由来が異なるものがいくつかあり、本来は対になるものではないらしいです。7つの美徳には①humility(謙虚)、②patience(忍耐)、③charity(博愛)、④kindness(親切)、⑤chastity(純潔)、⑥temperance(節制)、⑦diligence(勤勉)があります。

謙虚/humility ⇔ pride(傲慢)

pride(傲慢)の反対にはhumilityがあります。日本語訳は謙虚です。天狗にならず控え目な状態です。

忍耐/patience ⇔ wrath(憤怒)

wrath(憤怒)の反対にはpatienceがあります。日本語訳は忍耐です。怒るような事が起こっても、怒ることなく耐えている状態です。

博愛/charity ⇔ greed(物欲)

greed(強欲)の反対にはcharityがあります。日本語訳は博愛です。全ての人を平等に愛する状態です。

親切/kindness ⇔ envy(嫉妬)

envy(嫉妬)の反対にはkindnessがあります。日本語訳は親切です。人の事を思い、助けてあげる心を持っている状態です。

純潔/chastity ⇔ lust(色欲)

lust(色欲)の反対にはchastityがあります。日本語訳は純潔・貞節です。悪意などがなく、穢(けが)れていない状態です。

節制/temperance ⇔ gluttony(貧欲)

gluttony(暴食)の反対にはtemperanceがあります。日本語訳は節制・自制です。自分の欲にブレーキをかけて、抑える事ができる状態です。

勤勉/diligence ⇔ sloth(怠惰)

sloth(怠惰)の反対にはdiligenceがあります。日本語訳は勤勉です。なまけることなく、一生懸命な何か物事を行っている状態です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA