現在完了形の基本の形と疑問文、否定文(英文法)

完了形には、現在完了形、過去完了形、未来完了形がありますが、今回は現在完了形についてです。現在完了形という言葉は、日本語では聞きなれない言葉ですが、英会話教室での会話の中でよくでてきます。覚えておいて損はないと思います。

現在完了形とは

例えば、現在形の文で
I live in Tokyo.
(私は東京に住んでいます)
という文があります。ただ、この文だけでは、今現在東京に住んでいる事はわかりますが、過去にどうだったかわかりません。

逆に
I lived in Tokyo.
(私は東京に住んでいました)
という過去形の文だけでも、過去に東京に住んでいた事はわかりますが、現在どうしているかはわかりません。

かといって、過去も今もずっと東京に住んでいると言いたいとしても、
I lived in Tokyo and I live in Tokyo.
とは言いません。

この文でも、現在と、過去のある時点では東京に住んでいる事がわかりますが、現在と過去のある時点以外で東京以外に住んでいた時期がある可能性が捨てきれません。
そんな時に使うのが現在完了形です。

現在完了形では、日本語訳で「ずっと~だ」という過去のある時点から現在まで継続しているという意味を表現できます。

I have lived in Tokyo for three years.
とすると、
「私は3年間東京にずっと住んでいます」と表現できます。
これなら3年前から今までずっと東京に住んでいる事がわかります。

現在完了形の基本的な形

現在完了形の基本的な形は
主語(S) + have(has) + 過去分詞(V)~
で表します。

主語が三人称単数の時はhasを用います。現在完了形は英語でpresent perfect といいます。また、過去分詞は英語でpast participleといいます。過去分詞は略してp.p.と言われる事も多いです。

また、現在完了形は上記の
1.継続:「ずっと~だ」
以外に
2.完了:「~し終わった」「~してしまった」
3.経験:「(今までに)~したことがある」
4.結果:「~してしまっている」
の意味を表す事ができます。

継続の意味の現在完了形

現在完了形の1つ目の用法です。継続:「ずっと~だ」を表現する方法です。上記でも解説しましたが、過去のある時点から現時点までずっと継続していることを表現する時に使います。

I have studied English since I was junior high school student.
(私は中学生からずっと英語を勉強している)

完了の意味の現在完了形

2つ目の用法は、完了:「~し終わった」、「~してしまった」を表現する方法です。今まで継続していた動作が“たった今”完了した事を言いたい時に使います。

I have eaten your dessert.
(私は(たった今)あなたのデザートを食べてしまった)。
 

経験の意味の現在完了形

3つ目の用法は、経験:「(今までに)~したことがある」です。現在までに“したことがある”という経験を伝える時に使う用法です。
He has seen her once.
(彼は彼女を一度見た事がある)
※once:一度

結果の意味の現在完了形

4つ目の用法は、結果:「~してしまっている」、「~してしまった結果~だ」です。過去にしてしまった結果、現在~だという事を伝える時に使う用法です。

He has gone to Kyoto.
(彼は京都に行ってしまっている(そして今、ここにいない))

have[has] been to とhave[has] gone toの違い

現在形で
【1】I go to Kyoto.
という文を完了形にする際、goの過去分詞がgoneだからといって、
【2】He has gone to Kyoto.
とするには注意が必要です。

なぜなら、【2】の文は「彼は京都に行った(そして今ここにいない)」という訳になります。

また、現在完了形で「彼は京都に行った事がある」(経験)もしくは「彼は京都に行ってきた」(完了)と言いたい時は
【3】He has been to Kyoto.
というふうに、goの過去分詞goneではなく、beの過去分詞 beenを用いて、主語+ have(has) been to ○○(行先)として、経験もしくは完了を伝えます。

そのため、何を言いたいのかによって現在完了形の文が変わるので、使い分ける必要があります。

現在完了形の否定文の作り方

<基本的な形>  
主語(S) + have(has) not[haven’t/hasn’t] + 過去分詞
have(has)の後にnotをつけます。短縮形はhaven’t(hasn’t)です。
  
I haven’t eaten your dessert.
(私はあなたのデザートを食べていません。)

文末にyet(まだ)をつける事もできます。
I haven’t eaten your dessert yet.
(私はまだあなたのデザートを食べていません。)

neverを使った否定文

have(has) notの代わりにneverを使って否定を表す事ができます。neverはhaveの後ろに置きます。訳は「一度も~ない」と経験の否定をする事ができます。
He has never seen her.
(彼は一度も彼女を見たことがない

現在完了形の疑問文の作り方

<基本的な形>
Have(Has) + 主語 + 過去分詞~
となります。答え方は、
Yes, I have./No, I haven’t.
などです。

【例文1】You have eaten your dessert.
(あなたはデザートを食べた)

【例文1の疑問文】Have you eaten your dessert?
(あなたはデザートを食べましたか?)
Yes, I have./No, I haven’t.
(はい、食べました/いいえ、食べていません)

【例文2】He has seen her.
(彼は彼女を見たことがあります)

【例文2の疑問文】Has he ever seen her?
(彼はこれまで彼女を見たことがありますか)
※ever:今までに
Yes, he has./No, he hasn’t.
(はい、あります/いいえ、ありません)

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください