過去形と過去進行形

過去形と過去進行形についてです。

過去形

過去形は過去の状態を表しています。訳は「~であった。~でした。」などです。

過去形の事を英語で、preterit tenseといいます。preteritは(文法の)過去、tenseは時制という意味があります。その為、過去形のことを過去時制という事もあります。

過去形の基本的な形

過去形の文では、現在形の文をつくり、動詞を過去形にすればO.K.です。

be動詞を用いた過去形の文

be動詞を用いる場合、現在形でam、are、isだったのものを、それぞれ過去形のwaswerewasを用いればO.K.です。(amとisの過去形は同じwasです)
早速、例文を見ていきましょう。

【現在形】I am a researcher.
(私は研究者です)
【過去形】I was a researcher.
(私は研究者でした

【現在形】You are a soccer player.
(あなたはサッカー選手です)
【過去形】You were a soccer player.
(あなたはサッカー選手でした

【現在形】He is smart.
(彼は賢い)
【過去形】He was smart.
(彼は賢かった

一般動詞を用いた過去形の文

一般動詞の場合、動詞を過去形にすればO.K.です。ただし、一般動詞は規則的に変化する動詞(規則動詞)と不規則に変化する動詞(不規則動詞)がありますので、単語によって覚えていくしかないです。ここでは、詳しい説明は割愛します。
では、例文です。

規則動詞の例
【現在形】He plays guitar.
(彼はギターを演奏する)
【過去形】He played guitar.
(彼はギターを演奏しました

不規則動詞の例
【現在形】I go to Tokyo.
(私は東京へ行きます)
【過去形】I went to Tokyo.
(私は東京へ行きました

過去形の文の種類

過去形の文は、3つの種類に分類できます。
1.過去の状態
2.過去の動作
3.過去の習慣

過去の状態

過去の状態を表す文です。過去のある時点より過去、または現在の時点では異なる状態である可能性があります。
He lived in Hokkaido 4 years ago.
(4年前、彼は北海道に住んでいた)

I was a student ten years ago.
(私は10年前、学生でした)

過去の動作

過去の一時点での動作を表す文です。過去から現在まで継続している動作は現在完了形を用います。
I listened to music yesterday.
(私は昨日音楽を聞いた)

He bought a present for you.
(彼はあなたの為にプレゼントを買いました)

過去の習慣

過去の習慣を表す文です。過去の時点で、繰り返し行われていた習慣的な動作を表す場合の文です。
He got up early when he was young.
(彼は若い時よく早起きをしていた)

過去進行形

続いて過去進行形についてです。過去進行形の事を英語でpast progressive(continuous) formといいます。

過去進行形の基本的な形

主語の後ろにbe動詞の過去形(was/were) + 動詞の原形~ingで表します。
また、過去進行形の文には3つの種類があり、それぞれ
1.過去の時点で進行中の動作
2.過去の時点で予定していた未来
3.過去の時点で繰り返し行われていた動作
となります。

過去の時点で進行中の動作

過去の時点で進行中の動作の場合、過去進行形で表します。訳は「~していました」となります。
He was playing soccer.
(彼はサッカーをしていました)

過去の時点で予定していた未来

過去の時点で予定していた未来は、過去進行形で表します。訳は「~しようとしていた」になります。
I was going to amusement park today.
(私は今日、遊園地に行こうとしていた)

過去の時点で繰り返し行われていた動作

過去の時点で繰り返し行われていた動作は、過去進行形で表します。訳は「~していた」となります。
Tom and Bill were playing basketball when they were young.
(トムとビルは若い時、よくバスケットボールをしていた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA