第4文型の注意すべき動詞

第4文型の基本の形については、以前の記事で紹介しましたが、今回は、第4文型の第3文型への言い換え方とその注意点についてです。以前の記事は下記をご参照ください。


第4文型の第3文型への言い換え

まずは、第4文型から第3文型への言い換えについてです。第4文型は第3文型に言い換えることができます。ちなみに第3文型はS + V + O(SはOを~する)という形でした。ここで、“S”は“Subject:主語”、“V”は“Verb:動詞”、“O”は“Object:目的語”の頭文字をそれぞれとって示しています。
【例文1】My uncle gave me otoshidama.(私のおじは私にお年玉をくれた)
これを第3文型へ言い換えると
【言い換え後】My uncle gave otoshidama to me.(私のおじは私にお年玉をくれた)
となります。ここで、“S:主語”は“My uncle”、“V:動詞”は“gave”、“O:目的語”は“otoshidama”となります。“to me”は何に当たるの?となりそうですが、“to me”は“M:修飾語句”となります。“M”は“Modifier”
の頭文字をとったものです。
第3文型にするには、“誰に”にあたる部分を文末に持っていき(例文1では“me”)、“何を”を動詞の後ろに持っていきます(例文1ではotoshidama)、そして“何を”と“誰に”の間に“to”を加えて文を作ります。

続いて次の例文を第3文型へ言い換えてみましょう。
【例文2】He found me a good song.(彼は私に良い歌を見つけてくれた)
これを第3文型への言い換えると
【言い換え後】He found a good song for me.(彼は私に良い歌を見つけてくれた)
となります。ここで、“S:主語”は“He”、“V:動詞”は“found”、“O:目的語”は“good song”、そして、“M:修飾語句”は“for me”となります。これも【例文1】と同じように“誰に”を文末にもっていき、“何を”を動詞の後ろにもってきます。そして“何を”と“誰に”の間に“for”を加えて文を作ります。

第3文型への言い換えで用いる“to”と“for”の使い分け方

第3文型へ言い換える時、例文1ではmeの前が“to”になっており、例文2では“for”になっていますが、この違いは用いる動詞によります。それぞれの例をあげると
(1)to型
show(見せる)、write(書く)、send(送る)、lend(貸す)、tell(話す)、teach(教える)、hand(手渡す)、pass(手渡す)
などがあります。

(2)for型
play(演奏する)、cook(料理する)、leave(残す)、get(手に入れる)、choose(選ぶ)、make(作る)、sing(歌う)、make(作る)
などがあります。

(3)例外
to型、for型に当てはまらない例外もあり、bring(持ってくる)はto及びforの両方が使えます。
【第4文型】You bring me my wallet.
【第3文型】You bring my wallet to/for me.
(訳:あなたは私の財布をもってきてくれる。)

その他の注意点

第4文型は第3文型に言い換える事ができますが、次の動詞は言い換えることができません。
その動詞とは“cost”と“save”です。

costを使った例

costを使った例文です。
【例文3】This book cost me 3000 yen.(この本は3000円でした。)
これを第3文型に言い換えようとして、
×This book cost 200 dollars for[to] me.
とする事はできません。

saveを使った例

次はsaveを使った例文です。
【例文4】His memo saved me the trouble of going shopping.
(彼のメモのおかげで買い物にでかける手間が省けた。[彼のメモが私の買い物にでかける手間を省いてくれた。])
これを第3文型に言い換えようとして
×His memo saved the trouble of going shopping for[to] me.
とはできません。ただし、この“save”も「手間を省く」という意味の時は第3文型に言い換えることはできませんが、次のように「O(人)にO(物)を取っておく」の意味を示す場合は“for”を用いて第3文型に言い換える事ができます。

【例文5】He saved me some cake.(彼は私にケーキを残してくれた。)
【第3文型への言い換え】He saved some cake for me.(彼は私にケーキを残してくれた)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA