第4文型の基本の形(S+V+O(人)+O(物))

第4文型の文型について取り上げます。第1~3文型までは以下の記事をご参照ください。



第4文型(S + V + O(人) + O(物):SはO(人)にO(物)を~する)

第4文型はS + V + O(人) + O(物)から成り立つ文です。S、V、OはそれぞれS:Subject(主語)、V:Verb(動詞)、O:Object(目的語)の頭文字をとってS、V、Oと省略して表記しています。訳は「SはO(人)にO(物)を~する」となります。

例えば、
【例文1】My uncle gave me otoshidama.(私のおじは私にお年玉をくれた)
という文は第4文型になります。ここで、“S:主語”は“My uncle”、“V:動詞”は“gave”、“O(人):目的語”は“me”、“O(物):目的語”は“otoshidama”となります。
作り方としては、まずは“私のおじがくれた”の部分の“My uncle gave”を作り、その後ろに“誰に”である“me”、その後ろに“何を”である“otoshidama”を続けて書いて、第4文型の完成です。

もう一つ例文を
【例文2】You find me a good song.(あなたは私に良い歌を見つけてくれる)
ここで、“S:主語”は“You”、“V:動詞”は“find”、“O(人):目的語”は“me”、“O(物):目的語”は“a good song”となります。
ここでも、You findの後に、“誰に”である“me”、その後に“何を”である“good song”が続きます。

第4文型の疑問文

第4文型の疑問文の作り方についてです。作り方としては、Do(Does)/Did + S + V + O + O? にすればOKです。例文1と例文2を基に疑問文を作ってみましょう。
【例文1】My uncle gave me otoshidama.(私のおじは私にお年玉をくれた)
これを疑問文にすると
【例文1の疑問文】Did your uncle give you otoshidama?(あなたのおじはお年玉をくれましたか?)
となります。例文1が次のように現在形の場合は、疑問文に使う文頭のDidがDoes(Do)に変わります。
【例文3】My uncle gives me otoshidama.(私のおじはお年玉をくれます。)
【例文3の疑問文】Does your uncle give you otoshidama?(あなたのおじはお年玉をくれますか?)
この疑問文で、Sがyour uncleと三人称単数なので、“Does”を用いていますが、youなどの時は“Do”を用います。
続いて、例文2の疑問文です。
【例文2】 You find me a good song.(あなたは私に良い歌を見つけてくれる)
これを疑問文にすると
【例文2の疑問文】Do you find me a good song?(あなたは私に良い歌を見つけてくれますか?)
となります。

第4文型の否定文

第4文型の否定文の作り方についてです。作り方としては、S + don’t(doesn’t)/didn’t + V + O + OにすればOKです。例文1と例文2を基に否定文を作ってみましょう。
【例文1】My uncle gave me otoshidama.(私のおじは私にお年玉をくれた)
これを否定文にすると
【例文1の否定文】My uncle didn’t give me otoshidama.(私のおじはお年玉をくれなかった)
となります。
例文1が次のように現在形の場合は、否定文に使うdidn’tがdoesn’t(don’t)に変わります。
【例文3】My uncle gives me otoshidama.(私のおじはお年玉をくれます)
【例文3の否定文】My uncle doesn’t give you otoshidama?(私のおじはお年玉をくれません)
“My uncle”が三人称単数なので“doesn’t”を用いていますが、次の【例文2】のように三人称単数でなければ、“don’t”を使います。
【例文2】 You find me a good song.(あなたは私に良い歌を見つけてくれる)
これを否定文にすると
【例文2の否定文】You don’t find me a good song.(あなたは私に良い歌を見つけてくれない)
となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA