助動詞willの意味と使い方

助動詞willについてです。

助動詞(法助動詞)は英語でmodal auxiliary verb、またはmodal verbといいます。modalは、auxiliaryは補助の、verbは動詞という意味です。

英語の勉強でよく出てくる助動詞は、正確には法助動詞と言います。法助動詞とは別に、助動詞と呼ばれるものには、be、have、doなどがあります。

willには助動詞の意味以外にも、名詞の意味があり意志遺言といった意味もあります。
この名詞の意志という意味が助動詞willとして使う時に、とても大事になってくるので、心に留めておいてもらえると幸いです。遺言にも死者の「意志」が宿っていますよね。

willの基本の形

<基本的の形>
主語(S) + will + 動詞の原形(V) + ~

willに限らず、助動詞の後ろは必ず動詞の原形になります。
また、主語との省略形は“〇’ll”という形になります。(例:I will = I’ll、You will = You’ll、He will = He’ll、She will = She’llなど)

助動詞willの用法

助動詞willには次のような使い方があります。
1.単純未来:「~だろう」
2.意思未来:「~するつもりである」
3.現在の習性・傾向:「よく~する」
4.固執・強い意志:「どうしても~しようとする」
5.推量:「~だろう」

過去を表す時は過去形のwouldを用います。各用法について、順に見ていきます。

単純未来:「~だろう」

1つ目の用法です。単純未来を表し、訳は「~だろう」となります。

She will go to supermarket.
(彼女はスーパーマーケットに行くだろう

意思未来:「~するつもりである」

2つ目の用法です。意志未来を表し、訳は「~するつもりである」となります。

I will study English.
(私は英語を勉強するつもりである

現在の習慣・傾向:「よく~する」

3つ目の用法です。現在の習慣・傾向を表し、訳は「よく~する」となります。

He will usually drink coffee after eathing lunch.
(彼はよく昼食後にコーヒーを飲

固執・強い意志:「どうしても~しようとする」

4つ目の用法です。固執・強い意志を表し、訳は「よく~する」となります。

She will refuse first.
(彼女はまず断ろうとする

推量:「~だろう」

5つ目の用法です。推量を表し、訳は「~だろう」となります。
He will sleep by now.
(彼は今頃寝ているだろう)

willの否定文の作り方

<基本の形>
主語(S) + will not[won’t] + 動詞の原形 + ~

“will not”の短縮形はwon’tとなります。willn’tとはならないので注意が必要です。

単純未来:「~だろう」の否定文

He won’t[will not] come here.
(彼はここにこないだろう

意思未来:「~するつもりである」の否定文

I won’t[will not] lie to you.
(私は嘘をつかないよ

固執・強い意志:「どうしても~しようとする」の否定文

どうしても~しようとしない(強い拒絶)を表す文になります。
He won’t[will not] eat sweets.
(彼はどうしてもお菓子を食べようとしない

推量:「~だろう」の否定文

The man who stands in front of door won’t[will not] be George.
(ドアの前に立っている男の人はジョージじゃないだろう

willの疑問文の作り方

willを用いた疑問文は他の助動詞と同様に文頭にwillを置いて、その後に主語、そして動詞の原形と続けます。
<基本の形>
Will + 主語(S) +動詞の原形(V) + ~?

単純未来:「~だろう」の疑問文

Will it rain today?
(今日、雨は降りそうですか?)

意思未来:「~するつもりである」の疑問文

Will he buy me a ring?
(彼は私に指輪を買ってくれるつもりですか?)

現在の習性・傾向:「よく~する」の疑問文

Will he drive a car?
(彼はよく車の運転をしますか?)

固執・強い意志:「どうしても~しようとする」の疑問文

Will she play tennis?
(彼女はどうしてもテニスをしようとしますか?)

推量:「~だろう」の疑問文

Will he arrive at school?
(彼は学校についていそうですか?)

その他のwillの疑問文(依頼)

willを用いた疑問文では、依頼(~してくれませんか)を表現する事もできます。
Will you open the door?
(ドアを開けてくれませんか?)

willを過去形のwouldにすると、より丁寧な依頼になります。
Would you open the door?
(ドアを開けてくれませんか?)

※日本語訳は同じですが、聞き手の受ける印象は変わります。また、英会話の中で“Would you~?”の依頼の形はよく聞きます。

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください