助動詞used toの意味と使い方

助動詞used toとbe used toについてです。

used toはbe used toと似ていますが、意味は全然違うので、きちんと覚える必要があります。その違いについても取り上げています。

助動詞be used toの基本の形

他の助動詞と同様に、主語の後ろにused toを置いて、動詞の原形と続ければO.K.です。

<基本の形>
主語(S) + used to + 動詞の原形(V) ~

訳には2種類あります。
1.過去の習慣や反復:「よく~したものだ」
2.過去の状態:「以前は~だった」

順にみていきます。

過去の習慣や反復:「よく~したものだ」

1つ目の用法は過去の習慣や反復を表すものです。訳は「よく~したものだ」になります。

He used to play baseball when he was child.
(彼が子どもの頃、よく野球をしたものだった

過去の状態:「以前は~だった」

2つ目の用法は過去の状態を表すものです。訳は「以前は~だった」になります。

There used to be a school.
以前はそこに学校があった

助動詞used toの否定文の作り方

否定文を作る時は、主語とused toの間にdidn’t[did not]をつけます。そして、used toの後ろには動詞の原形を続けます。
主語(S) + didn’t + used to + 動詞の原形(V)~

He didn’t used to read newspaper.
(彼は以前、新聞を読まなかった

助動詞used toの疑問文の作り方

疑問文を作る時は、Didを文頭に持ってきて、主語、used to、動詞の原形と続けます。
Did + 主語(S) + used to + 動詞の原形(V) ~?

Did he used to read newspaper?
(彼は以前、新聞を読んでいましたか?

Yes, he did./No, he didn’t.
(はい、読んでいました/いいえ、読んでいません)

間違いやすい!used toとbe used toの違い

used toは上記の通り、「よく~したものだった」、「以前は~だった」という過去の出来事に対する表現の方法でした。

これに似ていてbe used to ~という表現があります。これは、後ろに名詞、または動名詞がひっついて、「~するのに慣れている」という意味があります。例えば、

He is used to cooking.
(彼は料理する事に慣れている

used to とbe used toとだけ並べると、どちらがどちらの意味だったか迷いますが、一番の見分け方はtoの後ろの単語です。

used toは助動詞として扱うので、toの後ろは動詞の原形です。一方、be used toは動名詞(動詞+ing)または名詞です。

ここに着目すれば、英文だけ出てきた時も迷う事が減るのではないかと思います。

be used toの過去形

be used toでは過去形を作る事もできます。作り方は簡単で、be動詞を過去形にするだけです。

He was used to cooking.
(彼は料理する事に慣れてい

be used toの否定文の作り方

be used toでは否定文も作れます。作り方は、be動詞にnotをつけて、否定形にすればO.K.です。

<否定文の作り方>
主語(S) + be動詞 + used to + (動)名詞~?

He isn’t [is not] used to cooking
(彼は料理する事に慣れていない

He wasn’t [was not] used to cooking.
(彼は料理する事に慣れていなかった

be used toの疑問文

be used toでは疑問文も作れます。作り方はbe動詞を文頭にもってきて、主語、used to、(動)名詞と続けます。

<疑問文の作り方>
Be動詞 + 主語(S) + used to + (動)名詞~?

Is he used to cooking?
(彼は料理に慣れていますか?

もちろん、過去形の文でも疑問文にできます。

Was he used to cooking?
(彼は料理に慣れていましたか?

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください