助動詞ought toの意味と使い方

助動詞ought to についてです。

助動詞ought to はshouldとほぼ同じ意味を表します。ただ、ネイティブの先生いわく「ought toは北米では古い言い方だから、あまり使わないよ。イギリス英語としてなら、ちょっと使ってるかも」との事でした。

助動詞(法助動詞)は英語でmodal auxiliary verbまたはmodal verbといいます。modalは、auxiliaryは補助の、verbは動詞という意味があります。

英語の勉強でよく出てくる助動詞は、正確には法助動詞と言います。法助動詞とは別に、助動詞と呼ばれるものには、be、have、doなどがあります。

助動詞ought to の基本の形

ought to は他の助動詞同様、主語の後ろに置き、その後ろに動詞の原形を続けます。

<基本の形>
主語(S) + ought to + 動詞の原形(V)

ought to に限らず、助動詞の後ろは動詞の原形になります。

助動詞ought to の用法

助動詞ought toには、次のような用法があります。

1.義務:「~すべきである」
2.推量:「~のはずだ」、「~のはずである」

ほぼshouldと同じような使い方です。

義務:「~すべきである」

義務を表す用法です。訳は「~すべきである」となります。

You ought to see a doctor.
(あなたは診察を受ける(病院へ行く)べきだ

推量:「~のはずだ」、「~のはずである」

推量を表す用法です。訳は「~のはずだ」となります。

She ought to go home.
(彼女は家に帰ったはずだ

助動詞ought to の否定文の作り方

oughtとtoの間にnotを入れて、否定を表します。

主語(S) + ought not to + 動詞の原形(V) ~

義務:「~すべきである」の否定文

訳は「~すべきでない」、「~しない方がいいですよ」となります。

You ought not to be late for class.
(授業に遅刻すべきでない

推量:「~のはずだ」の否定文

推量:「~のはずだ」の否定文もought not toを使って…となりそうですが、「~のはずがない」と言いたい時はcannotを使います。これはshouldの推量の意味の否定文の時と同じです。ought not toを使うと「~すべきでない」という義務の否定の意味になってしまいます。

He cannot be kind.
(彼が優しいはずがない

助動詞ought to の疑問文の作り方

oughtだけを文頭にもってきて、toは主語の後ろに置きます。

Ought + 主語(S) + to + 動詞の原形(V) ~?

義務:「~すべきである」の疑問文

訳は「~すべきですか?」、「~した方がいいですか」となります。

Ought I to cook dinner tonight?
(今晩、夕食をつくった方がいいですか

推量:「~のはずだ」の疑問文

推量:「~のはずだ」の疑問文ではought toは使いません。否定文の時と同様can“リンク”を使います。こちらもshouldの推量の意味の疑問文の時と同じです。

Can he come here?
一体彼はここに来るだろうか

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください