助動詞mustの用法

助動詞mustについてです。

mustは基本的に「義務」、「必要」を表します。youが主語の文でmustを使う時は命令に近くなるので、目上の人に使う頻度はかなり低くなります。

ただし、勧誘希望の意味で使うmustでは、“you”を主語に使っても大丈夫だよと今日のレッスンで習いました。この使い方は学生の時は教えて貰わなかったので、とても勉強になりました。

助動詞(法助動詞)は英語でmodal auxiliary verbまたはmodal verbといいます。modalは、auxiliaryは補助の、verbは動詞という意味があります。

英語の勉強でよく出てくる助動詞は、正確には法助動詞と言います。法助動詞とは別に、助動詞と呼ばれるものには、be、have、doなどがあります。

助動詞mustの基本の形

<基本の形>
主語 + must + 動詞の原形~

mustに限らず、助動詞の後ろは動詞の原形になります。
また、mustに過去形はありません。

助動詞mustの用法

助動詞mustには、次のような用法があります。
1. 義務、必要:「~しなければいけない」、「~する必要がある」
2. 推量:「~に違いない」
3. 勧誘・希望:「ぜひ~してください」
4. 主張・固執:「どうしても~するといって聞かない」
5. 必然:「必ず~する」

各用法について、順に見ていきます。

義務、必要:「~しなければいけない」、「~する必要がある」

義務、必要を表す用法です。訳は「~しなければいけない」、「~する必要がある」となります。

You must take the taxi.
(あなたはタクシーに乗らなければいけない

推量:「~に違いない」

推量を表す用法です。訳は「~に違いない」となります。推量の中でも確信をもった推量になるので、断定的な言い方になります。

He must be angry.
(彼は怒っているに違いない

勧誘・希望:「ぜひ~してください」

勧誘・希望を表す用法です。訳は「ぜひ~してください」となります。Let’s~のような軽い勧誘でなく、強い勧誘の意味を表すので、使い方には注意です。目上の人に対して使っても失礼にはならないです。

You must come to the party!
ぜひ、パーティーにいらしてください

主張・固執:「どうしても~するといって聞かない」

主張・固執を表す用法です。訳は「どうしても~するといって聞かない」となります。

My son must always eat french fry when we go to family restaurant.
(ファミリーレストランに行った時、 私の息子はいつもフライドポテトを食べるといって聞かない
※French fry:フライドポテト

必然:「必ず~する」

必然を表す用法です。訳は「必ず~する」となります。

You must bleed when you cut your skin.
(皮ふを切った時、必ず出血する

mustの否定文の作り方

<基本の形>
主語(S) + must not[mustn’t] + 動詞の原形(V) ~
※must notの短縮形はmustn’tです。発音に注意が必要でカタカナ表記だとマスントと読みます。「マストント」と読まないようにして下さい。

義務・必要:「~しなければいけない」の否定文

義務・必要の意味の否定文は「~してはいけない」という禁止の意味になります。

You mustn’t use my computer.
(あなたは私のコンピュータを使ってはいけません

断定的推量:「~にちがいない」の否定文

断定的推量「~にちがいない」の意味のmustの否定文はmustn’tでは表しません。canのところで示したcannot「~はずがない」で示します。

She cannot be kind.
(彼女が優しいはずがない

mustの疑問文の作り方

mustを用いた疑問文は他の助動詞と同様に文頭にmustを置いて、その後に主語、そして動詞の原形と続けます。

<基本の形>
Must + 主語(S) + 動詞の原形(V) ~ ?

義務・必要:「~しなければいけない」の疑問文

Must I pay my mortgage?
(住宅ローンの支払いをしなければいけませんか
※mortgage:住宅ローン

 Yes, you must./No, you don’t have to.
(はい、しなくてはいけません/いいえ、する必要ありません)

この返答の部分でNo, you mustn’tとすると「いいえ、してはいけません」と禁止を表してしまうので、
No, you don’t have to.(いいえ、する必要はありません)とします。

補足

mustの用法で出てきた、「義務」、「必要」、「推量」、「勧誘」、「希望」、「主張」、「固執」はそれぞれ英語で、
義務:duty
必要:necessary
推量:guess
勧誘:invitation
希望:hope
主張:insist
固執:adherence,persistence
といいます。

       ♪     

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.