have [has] to の意味と使い方

have [has] toについてです。

have [has] toの訳は「~しなければならない」となり、よくmustの代わりとして使われる事があります。ただし、 義務の程度としてはmust > have [has] toとなり、mustより弱い言い方になります。

また、mustは助動詞で過去形がないので、助動詞と同時に使用したり、過去形で表現する事ができませんが、have [has] toでは同時に使用したり、過去形を表現する事ができます。

have [has] toの基本の形

have [has] toは助動詞と同じように、主語の後ろに続けて置いて、その後ろに動詞の原形を続けます。訳は「~しなければならない」となります。

主語(S) + have[has] to + 動詞の原形(V) ~

I have to cook dinner.
(私は晩御飯を作らなければならない

※訳だけだとmust(訳:~しなければいけない)に近い意味合いに感じるかもしれませんが、冒頭でも述べたようにhave toはmustよりも弱い言い方になります。

また、三人称単数(He, She ,It など)の時はhavehasになります。

He has to go to school.
(彼は学校に行かなければならない

have [has] toの過去形

過去形はhave [has]を過去形であるhadに変えて、その他は同じように文章を作ります。

【現在形】She has to stay at home all day.
(彼女は一日中家にいなければいけない)

【過去形】She had to stay at home all day.
(彼女は一日中家にいなければいけなかった

have toの否定文の作り方

否定文の作り方は、haveの前にdon’t [doesn’t]を置きます。三人称単数の主語でもhasにはしません。その代わりdon’tをdoesn’tに変えます。

また、訳に注意が必要で「~する必要はない」となります。「~してはいけない」としたい時はmust not [mustn’t]を用います。

主語(S) + don’t[doesn’t] + have [has] to + 動詞の原形(V) ~

You don’t have to read that book.
(あなたはあの本を読む必要はない

He doesn’t have to carry a bag.
 (彼はバッグを運ぶ必要はない)

have toの過去形の否定文の作り方

have toの過去形の否定文の作り方は、現在形でdon’t、doesn’tだったものをdidn’tに変えます。

He didn’t have to cook dinner.
(彼は晩御飯を作る必要はなかった

have toの疑問文の作り方

主語の前にDo [Does]を置いて、主語、have [has] to、動詞の原形と続けます。
訳は「~しなければいけませんか?」となります。

Do[Does] + 主語 + have to + 動詞の原形~?

Do you have to get up early tomorrow?
(あなたは明日早起きしなければいけませんか
   
Yes,I do./No, I don’t.
(はい、そうです/いいえ、そうではないです)

主語が三人称単数(He、She、Itなど)の時はDoの代わりにDoesを用います。

Does her mother have to come to our house?
(彼女のお母さんは私たちの家に来なければいけませんか

Yes, she does./No, she doesn’t.
(はい、そうです/いいえ、そうではないです)

have toの過去形の作り方

現在形でDo[Does]としていた部分をDidに代えればO.K.です。

Did he have to write a diary?
(彼は日記を書かなければいけませんか)

Yes, he did./No, he didn’t.
(はい、そうです/いいえ、そうではないです)

have toを助動詞と一緒に用いた場合

have toは助動詞ではないので、助動詞と一緒に用いる事ができます。例えば、助動詞mayと一緒に用いた場合は

You may have to make a spare key.
(あなたは合鍵を作らなければいけないかもしれない

助動詞willと一緒に用いた場合は、

I will have to study English.
(私は英語を勉強しなければいけないだろう

have toのその他の使い方(慣用表現)

have to を用いた慣用表現には次のようなものがあります。

主語(S) + have only to [only have to] + 動詞の原形(V) ~
All you have to do is ~

訳:「~しさえすればよい」

You have only to think about him.
(あなたは彼の事だけ考えていればよい

=All you have to do is thinking about him.

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください