日本語訳のまま覚えないで!had better の意味と使い方

had betterについてです。had betterの訳は「~した方がよい」という意味です。ただ、日本語で「~した方がいいよ」と言いたい時にhad betterを使うのはちょっと待った方がいいです。

確かに、学校ではこの日本語訳で習うので、そのまま覚えてしまって使いがちです。今日はそんな注意点についても教えて貰いました。

had betterの基本の形

had betterで文を作る時は、助動詞と同じように考えて用いればいいです。主語に続いて、had better、動詞の原形と続ければO.K.です。

主語(S) + had better + 動詞の原形(V) ~

had betterには短縮形もあります。hadが主語とひっついて、短縮されます。

主語 + ‘d better + 動詞の原形~

冒頭で触れた注意点ですが、had betterを用いると「~した方がいいよ」という訳ですが、訳にはでてこない意味合いとして、「~した方がいいよ(そうしないと悪い事が起こるよ)」といったニュアンスで伝わります。

脅しに近い部分もあるので、目上の人に使うのはNGです。

You had better see a doctor.
=You’d better see a doctor.
(診察を受けた(病院へ行った)方がいいですよ

had betterの否定文の作り方

否定文はhad betterの後ろにnotを付ければO.K.です。

主語(S) + had better + not + 動詞の原形(V) ~

You’d better not drive a car.
(車の運転をしない方がいいですよ

had betterの疑問文の作り方

そのまま疑問文にしようとすると、Hadを文頭に持ってきます。ただし、あまりこういった使われ方はしないそうです。

【肯定文】You had better see a doctor.

【疑問文(1)】Had I better see a doctor?
↑△あまり使われない

ネイティブの言い方としては、

【疑問文(2)】Do you think I had better see a doctor?
↑〇使われる言い回し

だそうです。

       ♪ 

この記事はお役に立ちましたか?

よろしければ、この記事を読んだ感想をコメント欄にて、お聞かせください。
コメントは原則、非公開ですので率直なご意見を伺えたら幸いです。

       ♪ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください