公園の遊具の英語/playground equipment

今日は公園の遊具についてのレッスンでした。

日本語で“公園”といっても英語では“park”と“playground”があります。

今日のレッスンでは
park:大きな公園で、芝生や木などの自然がたくさんあるところ。
playground:小さな公園で、子どもが遊ぶ為の遊具があるところ。
と習いました。

“park”はランニングしている人やベンチで読書している人がいるような、自然溢れる公園といった感じでしょうか。アメリカのセントラルパークなどがそれに当たるそうです。

遊具/playground equipment

公園(playground)の“遊具”は英語で“playground equipment”といいます。“equipment”には“装置、設備”という意味があり、機械装置を表す時によく使われます。

ブランコ/swing

“ブランコ”は英語で“swing”といいます。“swing”には動詞の意味で“振る、振り回す、揺れる”などの意味があるのでイメージしやすいかと思います。日本語でも野球などのバットを振ることを“スイング”と言って、かなり浸透しています。“ブランコで遊ぶ”は英語で“play on the swing”といいます。
My son played on the swing.(私の子どもはブランコで遊んだ)

すべり台/slide

“すべり台”は英語で“slide”といいます。“slide”には動詞の意味で“滑る”という意味があるので、そのイメージを持っていると覚えやすいかと思います。“すべり台で遊ぶ”はブランコの時と同じで“play on the ~”を用いて“play on the slide”といいます。
The girl played on the slide.(その女の子はすべり台で遊んだ)

ジャングルジム/jungle gym

“ジャングルジム”は英語で“jungle gym”といいます。英語をそのままカタカナにした日本語になります。イギリス英語では、“climbing frame”といいます。

シーソー/seesaw

“シーソー”は英語で“seesaw”といいます。こちらも英語をそのままカタカナにした日本語です。“シーソーで遊ぶ”はすべり台の時と同じで“play on the ~”を用いて、“play on the seesaw”といいます。
That boy played on the seesaw.(あの少年はシーソーで遊んだ)

砂場/sandbox、sandpit

“砂場”は英語で“sandbox”といいます。イギリス英語では“sandpit”といいます。“sand”だけで“砂”という意味があります。また、“sandbag”で“砂袋”という意味があります。

雲梯(うんてい)/monkey bars

“雲梯(うんてい)”は英語で“monkey bars”といいます。雲梯で遊ぶ様子と、お猿さんが木の枝渡りをしている様子が似ているので、このような表現になったのかなと勝手にイメージして覚えました。

鉄棒/iron bar

“鉄棒”は英語で“iron bar”といいます。日本語をそのまま訳した英語になっています。また、“体操競技で使う鉄棒”は“horizontal bar”と呼びます。

まとめ

今日習った単語一覧です。

遊具:playground equipment
ブランコ:swing
すべり台:slide
ジャングルジム:jungle gym
シーソー:seesaw
砂場:sandbox(米)、playpit(英)、sandpit(英)
雲梯(うんてい):monkey bar
鉄棒:iron bar※

※体操競技用の鉄棒はhorizontal barと呼びます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA